概日リズム睡眠障害

 

夜中に眠れない、朝早く起きられないというのは、単なる怠けではなくて、リズム障害の疑いがあります。

睡眠・覚醒のリズムが、社会生活を送る上で望ましい時間帯からずれてしまうものです。

極端に夜寝る時間が遅く、朝寝坊になる睡眠・覚醒相後退障害が代表的です。

この疾患は遅刻、欠勤の原因になるだけでなく、

全身の倦怠感や立ちくらみ、うつ症状を生じることが多いこともわかっています。

体内時計を整える治療によって改善します。

「概日リズム睡眠障害」は睡眠の時間帯がずれ、社会生活に支障が及びます。

睡眠・覚醒相 後退障害

明け方近くまで眠れず、昼近くや昼過ぎにならないと起きられない。

非24時間睡眠・覚醒リズム障害

就寝時刻と覚醒時刻が毎日少しずつ後ろへずれてしまう。

睡眠・覚醒相 前進障害

夕方ごろから眠くなり、深夜〜早朝に目覚めてしまう。

不規則睡眠・覚醒リズム障害

睡眠と覚醒の時間帯が不規則になり、昼夜を問わず途切れ途切れに眠る。

生活習慣が原因で起こりやすい病気ですので、本人の治療意欲と生活習慣を変える努力が極めて重要となります。

お悩みの方は診察時に医師にご相談ください。

 

本町の内科・睡眠科は大阪本町メディカルクリニック

〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町3丁目3−5 イケガミビル5階
TEL 050-3161-5913