アレルギー科

花粉症・ハウスダストなどアレルギー性鼻炎を治療しています。

アレルギーとは?

人間の体は、体内に異物が侵入しようとすると、

これに対する抗体という物質を作ります。

そして再度、この異物が侵入しようとすると、

抗体は異物を敵と判断してこれを排除しようとする

仕組みを持っています。

我々の体は、この免疫反応により、

外部から侵入する細菌やウイルスを排除し、体を守っていますが

この免疫反応が自分にとって、不利益な症状をきたす場合、

これをアレルギー反応と呼びます。

 

アレルギー性鼻炎の原因

通年アレルギー性鼻炎:ハウスダスト、ダニなど一年を通して症状を引き起こすもの。

季節性アレルギー性鼻炎:スギ花粉など、特定の季節にのみ引き起こされるもの

 

 

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギーの原因が鼻に侵入すると、

それに対する抗体という物質が作られます。

アレルギーの場合は「IgE抗体」という物質が作られます。

再度、異物が鼻に侵入すると、

異物を外敵とみなし免疫担当細胞から、

ヒスタミンやロイコトリエンなどの物質が放出され、

異物を除去しようとくしゃみ、

鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状を引き起こします。

 

アレルギー性鼻炎の検査

鼻腔内の粘膜を見て、粘膜の状況を確認します。

アレルギーを引き起こす抗体を調べる検査は、

血液検査を行い特異的IgE抗体を調べます。

 

血液検査によるアレルギー検査

頻度の高い39項目のアレルギー検査を、少量の採血で測定できる新しいアレルギー検査です。

View39の検査の詳細は「こちら」をご参照ください

症状を引き起こしているアレルギーを知ることで、対策や、今出ている症状の治療の助けとなります。

 

アレルギー性鼻炎の治療

抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬などの飲み薬や、

点鼻薬を処方します。

近年では、眠気の少ない抗ヒスタミン薬などが登場し、

ライフスタイルに合った薬を選択できるようになりました。

市販薬で効果が十分でない場合や、眠気が強かったなど、

これまでの治療で十分な効果が得られていない方は、

受診をおすすめします。

 

アレルギーは治るのですか?

上記の治療は、症状に対する治療のみで、

根本的に治療するには「アレルゲン免疫療法」があります。

これには、原因物質より作ったワクチンを、

体内に少しづつ増量しながら入れてゆく方法です。

これまでは、注射による”皮下免疫療法”が主流でしたが、

注射をしない ”舌下免疫療法” が受けられるようになりました。

2014年からスギに、2015年よりダニへの適応が拡大されました。

この舌下免疫療法は、認定制度ですが、当院でも治療可能です。


詳細は「こちら」をご参照ください。

 

本町の内科・睡眠科は大阪本町メディカルクリニック

〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町3丁目3−5 イケガミビル5階
TEL 06-6266-7001