いびき・睡眠時無呼吸 外来

大阪の いびき・睡眠時無呼吸症候群 は当院まで

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠中に繰り返し呼吸が弱まったり、呼吸が止まる病気です。

気道が塞がることで呼吸に障害がおき、その間は身体にストレスがかかります。

その為に眠りが浅く、慢性的な睡眠不足によって、疲労感や昼間に眠気が起こります。

 

いびき・睡眠時無呼吸チェックリスト

このテストでは、睡眠時無呼吸症候群(SAS)のリスクを簡易的に評価します。

SASの特徴に日中に眠気を感じたり、居眠りをしてしまう事があります。

           質問 点数
 ✓しょっちゅう(常習的に)いびきをかく 1.5
 ✓肥満傾向がある 1.5
 ✓高血圧がある 1.5
 ✓昼間の眠気・居眠りで困ることがある 1.5
 ✓寝つきは悪くないが、夜間の眠りが浅い、眼が覚める 1.0
 ✓寝ても朝疲れが取れない感じがする 1.0
 ✓お酒を飲んでいない日でも、寝ている時に息が止まることがある 3.0
           

 

合計が3点以上の方は睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性が高いです。

東京医科大学睡眠講座/井上雄一より

 

【有病率】

頻度の高い疾患で、中年成人の2~15%、高齢者の20%以上に発症していると推測されています。

男性に多く、男女比は2:1~4:1とされています。

女性は閉経後に発症頻度が増加します。

 

【経過】

いつの間にか発症し、徐々に進行して慢性の経過をたどります。

体重増加や飲酒量増加、加齢による組織の弾力性低下など気づかないうちに進行します。

 

【傾向】

「肥満」「小あご」「細あご」「巨舌」の人が閉塞性睡眠時無呼吸症候群になりやすい傾向にあります。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群は中高年男性に多い病気ですが、高齢者や若年でも発症するケースがあります。

日本の研究結果では、治療が必要となる方の約30%がBMI25未満(肥満でない)という、一つの研究結果があります。

 

 

【特徴】

睡眠時無呼吸症候群は「心血管系合併症」リスクだけでなく、

生活習慣病である高血圧やメタボリックシンドローム、

放っておくと心筋梗塞、脳卒中などにつながるリスクがあります。

詳細はこちら:睡眠時無呼吸症候群(SAS)と生活習慣病の関係

その他にもメンタルヘルスに悪影響がでたり(精神科領域)、

交感神経が亢進することで夜間頻尿(泌尿器科)、肩こりや頭痛(整形外科)、

齲歯や歯周病の原因となったり(歯科)、万病の元となります。

 

【検査】

自宅で実施可能な酸素飽和度低下指数(ODI)を測定するパルスオキシメトリー検査※1

呼吸障害指数(RDI)を測定する簡易睡眠検査※2があります。

※1 パルスオキシメーター※2簡易睡眠検査

これらは正確な睡眠時間が記録できないため、補完的検査と考えられ

脳波を検査できるPSGが睡眠障害の正確な診断に必要です。

 

【治療】

単純性いびきの方であれば

・寝具の調整

・口テープ、チンストラップ

・鼻チューブなどを提案しております。

軽症の方は、歯科マウスピースを用いて治療することが多いですが、

体型や顎の形態、重症度、年齢を考慮して選択いたします。

中等症から重症の方は、経鼻的持続陽圧呼吸法 ( CPAP ) での治療を行います。

CPAP 療法とは、無呼吸を防ぐために空気を送り、閉塞が起きないように風圧を自動調節するものです。

CPAP 装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

 

「鼻にマスクをつけて空気が送られてくる状況で眠れるものなのか?」と思われるかも知れませんが、

医療機関で適切に設定された機器を使い、正しく装着できているかどうかがポイントです。

睡眠は毎晩のことなので、コツをつかめるようになるまで主治医やスタッフに相談してみると良いでしょう。

 

現在では、睡眠時無呼吸症候群は治療法が確立されているため、

適切に検査・治療を行えば決して恐い病気ではありません。

 

当院は、他院からの CPAP の転院を承っております。詳細はこちらをご確認ください。

いびき・無呼吸の指摘、日中の強い眠気などご心配の方は、一度医師までご相談ください。

 

 

本町の内科・睡眠科は大阪本町メディカルクリニック

〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町3丁目3−5 イケガミビル5階
TEL 06-6266-7001