睡眠時無呼吸症候群(SAS)と生活習慣病の関係

睡眠時無呼吸症候群(SAS)に罹患すると、大きく分けて3つの不利益があります。

①日中の眠気、倦怠感、頭重感、不眠症などの症状

②高血圧、糖尿病にかかりやすくなり、心不全、心筋梗塞、不整脈や脳卒中などのリスクが上がる事

③居眠り運転などの交通事故頻度が増える事

今回は②の生活習慣病である高血圧、糖尿病のリスクについてお話していきましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧や糖尿病の原因としてガイドラインにも挙げられています。

睡眠時無呼吸症候群は無呼吸によって、慢性的な睡眠不足状態になり、

体内のホルモンバランスや自律神経に大きな影響を与えます。

食欲を抑えるホルモンである「レプチン」分泌は減少し、

逆に食欲を高めるホルモンである「グレリン」分泌が亢進し、

食欲が増大する事で糖尿病が起こりやすくなる。

「自律神経」の1つである「交感神経」が活性化し、

「カテコラミン」(アドレナリンの元です)が過剰に分泌されます。

そうなると、血糖値や血圧が上昇し、脂肪が増加しやすくなります。

また、「成長ホルモン」の分泌が低下し、筋肉が減って脂肪が蓄積されやすい状態になります。

脂肪が増えると体内の「インスリン」が正常に働かなくなってしまいます。

この状態が慢性化したのが糖尿病です。

先ほど述べた「カテコラミン」は血圧を上昇させてしまう。

早朝や夜間(寝ている時)に高血圧になりやすく、降圧薬の治療では非常に難治性です。

睡眠障害も又、生活習慣病の一つと言えるでしょう。

 

睡眠時無呼吸症候群は治療可能な病気であり

高血圧や糖尿病も発症前であれば予防にもつながります。

 

眠る時間は毎晩、訪れます。

大切な時間にしましょう。

 

本町の内科・睡眠科は
大阪本町メディカルクリニック

〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町3丁目3−5
イケガミビル5階
TEL 06-6266-7001