ナステント

いびき外来   ナステント

 

 

いびきについて

いびきは、睡眠中に狭くなった気道を空気が通るときに生じる気道の振動音です。

健康な人でも仰向けに寝ると、のどの奥にある軟口蓋や

口蓋垂(のどちんこ)、舌根などが重力で沈み込みます。

入眠すると筋肉の活動が低下し、さらに上気道が狭くなりいびきが起きるのです。

詳細はこちらをご参照ください。

 

閉塞型睡眠時無呼吸症候群について

「10秒以上続く無呼吸」または「血中酸素の欠乏を伴う低呼吸」が1時間に5回以上おこると睡眠時無呼吸症候群と判断されます。

睡眠中に発生するために本人の自覚症状があまりなく、家族からの指摘で初めて気付く方も数多くいます。

また自覚症状としては、眠気だけではなく「疲労感」「夜間の頻尿」「高血圧」など多岐にわたるため

心療内科、呼吸器内科、泌尿器科など他の診療科を受診してしまうケースがあります。

 

ナステント という選択肢

現在、睡眠時無呼吸症候群の治療には経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)が第一選択肢として用いられていますが、

その一方で「マスクがわずらわしい」「機械音がうるさい」「装置が大きい」という意見も多く聞かれます。

その結果として、治療を継続することができずに、治療の継続を断念してしまう傾向にあります。

 

ナステント の構造

ナステントは柔軟性が高く、シリコーン樹脂を使用しているため鼻腔内でフィットし、優しく気道を開存します。

上咽頭の気道が閉塞されるのを防ぐのに有効です。

塗布されている潤滑剤は水をベースとした刺激性の少ないタイプで、安心してご使用いただけます。

一つ一つ個別包装し滅菌しておりますので、毎日清潔な状態でご使用いただけます。

 

      

 

このような方におすすめです

いびきのひどい方

軽症の無呼吸の方

出張の多い方や国内外の旅行にいかれる方のCPAP併用デバイスとして

長距離ドライバーなど連続した電源供給が難しい場所で睡眠される方

 

ナステントを利用する際の動画です。

     

取り扱い施設

大阪でもナステントを取り扱っている医療機関が複数あります。

詳細はこちらをご参照ください。

   

ご希望の方は、予約(こちらをクリニック)後、オンライン問診で睡眠科を選択してお手続きしてください。

※これまでに睡眠時無呼吸症候群の検査をされていない方は、医師にご相談ください。

   

本町の内科・睡眠科は大阪本町メディカルクリニック

〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町3丁目3−5 イケガミビル5階 TEL 06-6266-7001