不眠症

診療体制の整備を行っておりますが、現在当院では入眠障害の方への初診診療は行っておりません。

 

睡眠障害の代表といえる最も頻度の高い疾患です。

夜の寝つきが悪く、 眠ろうとすると

かえって目が冴えて眠れない入眠障害。

途中で目がさめてしまう中途覚醒。

朝早く目が覚める早朝覚醒などがあります。

当クリニックでは、睡眠衛生指導に加えて、

効果的で最低限の治療薬を選択したいと考えています。

 

 

 

「不眠」のタイプは

入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒の3つに分類されます。

入眠困難:床についてから30分以上寝付けない

中途覚醒:夜中に何度も目が覚める。再入眠が難しい。

早朝覚醒:予定の起床時間より2時間以上早く目が覚める。

 

年齢とともに中途覚醒と早朝覚醒が増える理由

 

ご年齢と共に身体に様々な変化が起き、

それが原因となります。

中途覚醒

・生理的に眠りが浅くなりやすい

・睡眠時無呼吸症候群などで眠りが浅く、分断される

・夜間にトイレが近くなる

早朝覚醒

・生活時間帯が前倒しになり、朝早く目が覚める

・日中の運動量が減るので疲労も少なく、睡眠が長く続かない

不眠の原因は、

身体・精神疾患、睡眠覚醒リズム障害、薬の副作用など

多岐にわたります。

不眠の原因は多彩です

 

【精神疾患】うつ病、不安障害、認知症

【身体疾患】痛み・かゆみ、腎疾患、心疾患

糖尿病、高血圧、呼吸器疾患など

【睡眠中の異常現象】閉塞性睡眠時無呼吸症候群

むずむず脚症候群、周期性四肢運動 など

【概日リズム睡眠障害】睡眠・覚醒相前進・後退障害

非24時間睡眠・覚醒リズム障害

【薬物】甲状腺ホルモン剤、ステロイド製剤、

抗がん剤、パーキンソン病薬など

お悩みの方は診察時に医師にご相談ください。

 

本町の内科・睡眠科は大阪本町メディカルクリニック

〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町3丁目3−5 イケガミビル5階
TEL 050-3161-5913