海外渡航(海外赴任、ビジネス渡航)シンガポールへ・新型コロナウィルスPCR検査

シンガポールへの渡航に必要な新型コロナPCR検査についてご説明します (2021年 2月 14日)

大阪本町メディカルクリニックは大阪府の診療・検査医療機関となり、感染症検査・対応を行なって参りました。

感染を防止ながらも、経済活動再開に伴い、ビジネスなどで渡航を必要とされる方への検査を提供いたします。

海外渡航のためのPCR検査の必要性の有無は、複雑になっております。

ビジネストラックか否か、隔離免除書の有無など、ご自身で大使館などに確認の上、検査の必要性などご判断ください。

 

◆検査のスケジュールについて

1 現在、シンガポールの長期滞在パス(労働パス及び帯同者パス(EP,S Pass,DP等)を含む)を持っている方以外、日本からシンガポールへの入国はできません。
<ビジネス渡航者向けの「ビジネストラック」(シンガポール滞在期間はEP等を持っていても最大30日)についてはこちら【現在停止中】

2 長期滞在パスをお持ちの方も、(再)入国には当局の事前承認が必要です(承認を得ずにシンガポールに到着した場合、滞在パスの永久剥奪等の処分の対象となります。)。
また、日本から入国する場合以下の要件があります。
・日本出国前72時間以内にPCR検査を受検し陰性の証明書を取得(入国審査時必要。現在、シンガポールからビジネストラックで日本に渡航しシンガポールに戻る場合のみ不要。)
・1月24日23:59以降にシンガポールに到着する場合、入国時PCR検査が必要(費用160ドルは自己負担。事前予約が望ましいhttps://safetravel.changiairport.com
・入国後14日間政府指定施設での隔離(費用2,000ドルは自己負担)
・隔離終了前の指定された日にPCR検査を受検(費用125ドルは自己負担)。なお、結果が陽性であった場合は、無症状であってもその結果が出た日から3週間療養施設に隔離されます。

 

※各国の規制は適宜変わっておりますので、検査方法、専用フォーマットの有無は必ず在日大使館のHPで最新情報をご自身でご確認ください。

 

https://www.sg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

◆唾液の検査とは

3分程度で、唾液を専用のスピッツに採取して頂きます。

日本で最大規模の検査会社に検査を委託しており、精度の高いReal-time RT-PCR検査を実施しております。

しかしながら、出国・入国時には空港検疫などありますので、必ず最新の大使館の情報もご確認ください。

    

※当クリニックは、感染症状のある方への検査は行っておりません※

 

◆注意点

200-300名に1名程度、検査会社側で再検査に回る方がいます。

この場合には、診断書のお渡しに時間がかかります。再検査に回るかどうかは、検査前に分かるものではなく、当院で責任をおいかねます。

上記理由から、結果通知が遅延する可能性がある点は、予めご理解いただきますよう宜しくお願い致します。

 

◆費用

現在のところ、検査会社にお支払いする費用が高額であるため、

海外渡航用 35,000円(税込) 「新型コロナPCR検査費用」+「健康証明書(非感染証明書)」

を頂いております。

決済は現金のみになります。

 

◆受診に必要なもの

検査当日には必ずパスポートまたはパスポートのコピーをお持ち下さい。

 

 

◆予約方法

 


こちら   

24時間受付中

 

検査スケジュール ※

(クリックし最新情報を確認ください)

 

[個人様]  専用ダイアル 080-9125-9484

 

お電話が繋がらないことがございます。

その場合は、下記の「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

大阪・本町の内科・睡眠科は 大阪本町メディカルクリニック

〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町3丁目3−5 イケガミビル5階
TEL 06-6266-7001